コワーキングスペースを利用する際に注意するべきポイントとは?

公開日:2022/04/15

職場以外の場所で仕事ができる場所である「コワーキングスペース」。コワーキングとは「ともに働く」という意味を指し、「コワーキングスペース」はフリーランスの方だけではなく、テレワークをしている会社員などが仕事や勉強で利用しています。こちらの記事では、コワーキングスペースでできることや注意点について、詳しく紹介します。

コワーキングスペースでできることとは?

コワーキングスペースでは施設内の設備を使用しながら、仕事を進められるようです。また、さまざまなサービスを受けられるなど、コワーキングスペースならではの魅力も。こちらの章では、コワーキングスペースでできることについて紹介します。

仕事や勉強をする

コワーキングスペースという名称のとおり、仕事ができる環境が整えられています。パソコン作業がしやすいデスクやチェアが備え付けられており、Wi-Fiも完備。プリンターやコピー機などが利用できるので、資料作成で印刷が必要な場合も便利です。また、施設によってはフリードリンクのサービスを受けられ、快適に過ごせます。

会議やミーティングもできる

コワーキングスペースには、オープンスペースや固定席だけでなく、会議室の部屋が設けられている場合も多くあります。取引先との打ち合わせなど、落ち着いて話がしたいときにも便利です。プロジェクターやホワイトボードなど、会議で必要な備品も使用可能です。

住所の利用や郵便物の預かり

コワーキングスペースの住所は、法人登記用の住所として使用でき、ホームページや名刺に記載することもできます。自分のビジネス拠点の住所として活用できます。利用する際は、コワーキングスペースの利用料とは別に料金が必要です。

シェアオフィスやレンタルオフィスとの違いはどこ?

コワーキングスペースについて、「シェアオフィス」「レンタルオフィス」も同じような施設のイメージを持っている方もいるかもしれません。コワーキングスペースとシェアオフィスは仕事をするスペースという点では同じですが、異なる点もあります。

シェアオフィスとは

シェアオフィスとは、仕事をする場所を必要としている個人、または企業がひとつのオフィスを共同で使用するスペースです。賃貸でオフィスを借りるよりも低コストである点が、魅力といえます。コワーキングスペースと同様に、OA機器や会議室などの設備が使用可能です。

レンタルオフィスとは

レンタルオフィスとコワーキングスペースの最大の違いは、専用のスペースであるという点です。その広さは、1名~数十人までさまざま。業務を行う場所は専用スペースですが、会議室などは他の契約者の方と共有する点を頭に入れておきましょう。

シェアオフィスやレンタルオフィスとコワーキングスペースの違い

シェアオフィスやレンタルスペースとコワーキングスペースの違いは、「人と交流が軸になっている」点といえます。コワーキングスペースにも個室や会議室は用意されていますが、フリーアドレス制で自由に席が移動できるので、同業者はもちろん職種の異なる人など、多くの方と交流しやすくなっています。また、イベントやセミナーなどを開催しているコワーキングスペースも多いので、情報を得たい方や交流を目的としたい方に向いています。

コワーキングスペースを利用する際位注意するべきポイント

メリットが多くあるコワーキングスペースですが、利用する際に注意するべきポイントがあるようです。

不特定手数の人が出入りする

コワーキングスペースは、不特定多数の方が使用します。そのため、自分の持ち物などはしっかりと管理しておく必要があります。とくに、席をはずす際には貴重品などは一緒に持ち歩くなど注意しましょう。

話し声などがする

他の利用者もいるので、音が気になる場合もあります。音があると集中できないという方は、イヤホンなどで対応するか、個室を利用するとよいでしょう。

作業する日によっては混んでいる場合も

コワーキングスペースはフリーアドレスなので、誰でも好きな場所で作業できます。そのため、多くの方が利用する時間帯では、席の確保が難しい場合があります。なんとか席が確保できても、作業スペースが狭い可能性も考えられるでしょう。いつもゆっくりとした環境で仕事をしたい方は、固定席の契約をするのもおすすめです。

 

コワーキングスペースは、個人で仕事をしているフリーランスの方や勉強したい学生の方まで、多くの方が利用できます。人との交流の場所でもあるので、シェアオフィスやレンタルオフィスと異なり、さまざまな方と情報交換できる点が魅力です。一方で、不特定多数の方が利用する場所なので、貴重品の管理に注意が必要であったり、雑音が気になったりする場合もあります。集中できる場所も確保しておきたい方は、定額制で個室を借りられるプランに加入しておくとよいでしょう。

【札幌市】おすすめのコワーキングスペースランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名AD.connect プラスSPACE KANTEStation01Biz comfortDRIVE
特徴「働く人」×「心地よい空間」×「つながり」をコンセプトに憩いの場を提供自分のペースやスタイルに合わせて使える快適空間で作業効率をアップ「地域事業インキュベーション施設」として地域発展を応援24時間365日利用可能でライフスタイルに合わせて作業できる会員制のワーキングスペースで多様な働き方に対応
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索